[`evernote` not found]
LINEで送る

蓄電池を備えて太陽光のデメリットを解消しよう!

 

今回、福王では蓄電池の勉強会を行い、長府工産株式会社の小林先生を講師に招いてみっちり勉強させていただきました。

太陽光って、パネルを設置する事により、毎日の日照時間に太陽光から電気に変換し、自宅の電気に使用したり、余った電気を電力会社に売ってお金に換えたりとお得しかないと思っておりました。

ところが、太陽光を設置してから10年を迎える方々にはある問題が待ち構えている事が発覚いたしました。

【10年を迎える前にしっかり手続きしないと

太陽光には、蓄電池以外に電気の備蓄方法は無く、昼間使いきれなかった電気は勝手に電柱(電力会社)に流れていくのです! (デメリット)

 

2019年という年は、2009年からの太陽光発電の「余剰電力買取制度」から10年が経過し、最初に売電をはじめた方の期間が終了となる年です。
この「余剰電力買取制度」とは、家庭の太陽光発電パネルで発電をし、余った電力を10年間固定価格で電力会社に売電できるという制度です。

しかし、初めて買取期間が終了する2019年以降、引き続き売電ができるかどうか、また売電できたとしても、価格がどれくらいになるのか、正直きちんとした詳細は決まっておらず、不透明です。

(2019年度の「余剰電力買取制度」では、出力制限有り26円/kWh)

電力会社によっては買取を継続して行っていくところもあるみたいですが、その金額は7円/kWhであったり、8円/kWhであったりと制度当初48円からは程遠い金額となることが予想されます。

 電力会社には、いろいろな電力プランがあります【季時別電灯ナイトプラン夜間9円(現在:新規加入は不可)~電化でナイト・セレクト夜間13.02円】

そこで今までのように電力会社に太陽光で発電した電力を7~8円の単価で売るよりも、蓄電池システムを設置し、発電した電力を蓄え、昼夜問わず使用することがベストです。

 

 

 

福王では、用途に合わせて様々なメーカー品を取り扱っております。

 

お問合せは

太陽光、蓄電池の福王におまかせ!

フリーダイヤル:0120-309-290