太陽光発電システムは、売電型から自家消費型へとシフトしてきています。

 

2011年の震災以降、災害時の電力確保が大きな話題となりました。これをきっかけに太陽光発電を導入する家庭が急増したことも事実。

太陽光発電は停電などで電力が供給されなくなった際、自立運転に切り替えることで、生活に必要な電化製品の電力をまかなうことができます。そのため、停電しても明かりを灯すことができるだけでなく、テレビや冷蔵庫など便利な家電を引き続き使用することができるのです。他にも、体や食品を温める電気ポットなどの使用も可能なので、季節ごとの対応もしやすくなります。携帯電話の充電もできるので、大切な人の安否確認も取りやすくなりますよね。

このように、いざというときに太陽光発電で電力が維持できることは大きなメリットとなります。

 

というわけで、西区のM様邸に太陽光パネルを設置して来ました!

福王では、用途に合わせて様々なメーカー品を取り扱っております。

お問合せは

太陽光、蓄電池の福王におまかせ!

フリーダイヤル:0120-309-290